ボニックがセルライトやむくみに効果がある理由とは?

ボニックはセルライトやむくみをとる効果があります。なぜ効果があるのか、その理由を紹介します。

 

セルライトとは?

セルライトとは脂肪や老廃物の塊というふうに言われています。主に太ももやふくらはぎ、お尻などの脂肪がつきやすいところにできやすいです。肥大化した脂肪細胞が血管やリンパ管を圧迫するため、血液やリンパの流れが悪くなり、脂肪細胞の一部が周辺組織と変成してセルライトが作られます。

 

1度セルライトができてしまうと、なかなか除去する事は難しいと言われています。運動不足やカロリーの高い食事、新陳代謝の低下、喫煙、加齢、ホルモンバランスの崩れなどが原因となりセルライトはできやすくなります。

 

むくみができる理由

むくみは水分や塩分の取り過ぎによってできます。水分をとりすぎると、余分な水分が血管の外に出ていきます。その水分が皮膚の下に蓄積されてむくみができます。塩分を取り過ぎると喉がかわいてたくさん水分を取ってしまうので、同様にむくみができます。

 

足がむくみは重力によって体内の水分や血液が上の方に上がってきづらくて、蓄積されていくことによって起こります。また身体を冷やしたり、老廃物が身体に蓄積されると、血液やリンパの流れが悪くなり、余計な水分が排出されにくくなるのでむくみやすくなります。

 

ボニックによってセルライトがとれる理由

ボニックの超音波モードは脂肪や筋肉を柔らかくしたり、血液の流れを良くする効果があります。ですので、ボニックをすることでセルライトの組織も柔らかくなり、分解されて老廃物が体の外に排出されやすくなります。

 

また、EMSモードでは筋肉を刺激して、働きを高めます。筋肉の働きが良くなれば血液やリンパの流れがよくしたり、新陳代謝を高めたりすることができるのでセルライトや脂肪がつきにくくなります。

 

ボニックでむくみが取れる理由

ボニックの超音波モード、EMSモードによって血液やリンパの流れが良くなります。そうすると体にむくみとして溜まっていた余計な水分が排出されやすくなります。その余計な水分が体の中から排出されることによってむくみをとって、スッキリすることができます。

 

運動をしてむくみがとれた経験があるのではないでしょうか?EMSモードは筋肉を動かして強制的に運動させるので、普通に運動した時と同じようにむくみが取れるんです。

 

また、身体を温めるとむくみがとれたこともあるのではないでしょうか?超音波モードは筋肉を芯から温めるので、血液やリンパの循環が良くなってむくみをとることができます。