ボニックは痛い?痛みを感じる原因や対策

ボニックは痛い?痛みを感じる原因や対策

ボニックは身体に電流や超音波を流すわけですが痛みはどうなのでしょうか?ボニックは痛いのか痛くないのかについて説明をします。

 

 

ボニックの痛みに関する口コミ

 

ボニックは痛い?痛みを感じる原因や対策

ボニックの口コミを見ていると、人によって痛みを感じることがあるみたいです。

 

超音波のときはあまり痛いという口コミはありませんでした。逆に全く何も感じないという投稿が多いです。

 

痛みがあるという口コミが多いのはEMSのときです。人によっては30秒も耐えられないという方もいました。「HIGH」どころか「LOW」でも無理みたいです。

 

「最初は痛くても、数日間使い続けると慣れて気持よくなる」という口コミもありました。

 

また、逆に全く痛みがないという投稿もありました。意見はバラバラに分かれています。

 

 

痛みを感じる原因

 

ボニックで痛みを感じる原因について以下のようなケースがあります。

 

  • ボニックのヘッドの当て方によって肌から浮いた部分ができると、刺激にバラツキができて痛みを感じることがあります。
  • 体質によって電気を感じやすい場合があります。そういった場合、刺激が強すぎて痛みを感じることがあります。
  • ジェルの塗り方が薄かったり、塗りムラがあると、電気の通り方が不安定になって痛みを感じることがあります。
  • 身体にニキビや湿疹、キズなどがあると、肌の厚さや、ボニックの接着部にムラができて、刺激が一定にならず、痛みを感じることがあります。

 

痛みを感じるときの対策

 

もし、ボニックを使用したときに痛みを感じるようでしたら、以下の方法を試してみてください。

 

弱い出力から少しずつ慣れる

最初は、身体に電気を流すことに慣れていないので痛みに対して敏感です。弱い出力で、痛みの少ない部分で短い時間から少しずつ慣らしていきましょう。

 

場所によって出力を使い分ける

脚は腕はお腹に比べると敏感です。ですので、足や腕を行うときは「LOW」にしたり、お腹は「HIGH」にするなどして、出力をうまく調節をして、調度良い刺激が得られるように調節をしましょう。

 

皮膚が炎症を起こしている部分は避ける

ボニックの刺激にムラが出やすい皮膚の炎症部分は、痛みを感じるようであれば、炎症が収まるまで使用を避けたほうがいいかもしれません。

 

ジェルをしっかりと塗る

ジェルの塗り方が薄いと電気の刺激を受けやすくなり、痛みを感じることがあるようです。ですので、もったいないかもしれませんが、マッサージする部分にはジェルをしっかりと塗ることをオススメします。

 

ボニックでおすすめの安い代用ジェルはこちら