ボニックの顔痩せの使い方や効果は?

ボニックの顔痩せの使い方や効果は?

ボニックを使って顔の筋肉を引き締めて顔痩せしたいという方もいるのではないかと思います。ボニックの顔痩せの使い方や効果について紹介をしたいと思います。

 

 

ボニックを当ててはいけない部位

ボニックを顔に使用することはできますが、デリケートな部分ですので注意が必要です。まずボニックを当ててはいけない部位があります。

 

当ててはいけない部位は以下の通りです。

 

  • 眼球部分
  • 耳、口の中の粘膜の部位
  • のど仏周辺(超音波の場合)

 

それ以外の部分は当てても平気ですが、ボニックの機械自体が大きいので、当てては行けない部位を避けて当てるのは大変だと思います。

 

うっかり当ててしまって、何か問題が起こった場合は、取り返しがつかないことになりかねません。ですので、心配な方はボニックを顔に使用するのはやめておいたほうがよいと思います。

 

顔専用の美容機器も販売されていますので、そちらの方を使ったほうが無難です。

 

オススメの顔専用美容機器はコチラをクリック

 

ただいまキャンペーン中!初期費用はたったの980円、30日間全額返金保証つきです。

 

 

ボニックの顔痩せの使い方

どうしてもボニックを使用したいという方は、以下の手順で行いましょう。

 

@顔にたっぷりジェルを塗ります。
A超音波モードで出力を弱にして頬など引き締めたい部位に当てて円を描きながら動かします。
BEMSモードに切り替えて、出力を弱にします。気になる部分に30秒ずつ当てていきます。

 

注意する点は、超音波モードのときは必ずボニックを動かし続けるようにしましょう。ずっと止めたままにしてしまうと、皮下の熱が上昇しすぎて、細胞が壊死してしまう可能性があります。

 

ボニック用のおすすめの安い代用ジェルはコチラ

 

 

ボニックの顔痩せの効果

ボニックの超音波モードで顔の血流やリンパの流れを促進し、EMSモードで顔の筋肉を刺激してトレーニングをし、筋肉を発達させることができます。

 

ボニックの顔痩せの効果は、以下の通りです。

 

  • 頬やあごのたるみが引き締まった
  • ほうれい線が消えた
  • ニキビ跡がうすくなった
  • 肌のくすみが消えた
  • 肌にハリが出た

 

このようにボニックは顔に使用しても効果があります。