ボニックのお腹まわりのやり方や効果!くびれたウエストにする方法

ボニックでお腹まわりを引き締めてくびれたウエストを手に入れるやり方や効果についてご紹介します。

 

ジェルを塗る

お腹でボニックを当てる部分にムラがないようにたっぷりとジェルを塗ります。

 

ボニック用おすすめの安い代用ジェルはコチラ

 

超音波モードのやり方

ボニックを「超音波モード」にします。そして出力レベルを「HIGH」にします。

 

おへそを中心とした円をイメージしながらボニックをゆっくり動かします。

 

ボニックお腹

 

大体5周程度行えばOKです。

 

EMSモードのやり方

ボニックを「EMSモード」にします。出力レベルを「HIGH」にします。

 

お腹の引き締めたい部分にボニックを30秒ほど当てます。当て終わったら次の引き締めたい場所にまた30秒当てます。これを繰り返して行っていきます。

 

注意点

ボニックをお腹に使用する際の注意点です。

  • 傷口がある場合はそこを避けて当てるようにします。
  • 妊娠中の場合は、胎児に影響を与える可能性があります。お腹まわりはやってはいけません。
  • 出力レベル「HIGH」で刺激が強い場合は「MID」、「LOW」で行います。

 

ボニックのお腹まわりに対する効果

ボニックのお腹まわりに対する効果は以下の通りです。

 

  • ウエストを引き締めてスッキリさせる
  • お腹の贅肉をとる
  • お腹の筋肉が落ちるのを予防する
  • 便秘の解消、便通の改善

 

超音波モードでお腹まわりの血行を促します。

 

EMSモードでお腹の筋肉を動かすことで筋肉が刺激されて、筋肉をつけることができます。また、お腹の筋肉が動くときにお腹まわりの脂肪をエネルギーとして消費するので、お腹まわりの脂肪を減らすこともできるのです。

 

また、お腹の筋肉を保つことよって、腹圧が高まりますので、排便力が高くなり、便秘の解消にもつながります。

 

>>トップページに戻る